陰謀ブックマーク掲示板 242201


教育

1:さくら :

2018/08/05 (Sun) 08:26:08

host:*.synapse.ne.jp
「教育」。
2:さくら :

2018/08/05 (Sun) 08:29:33

host:*.synapse.ne.jp
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%99
ゾンダーコマンド・エルベ(Sonderkommando „Elbe“)とは、第二次世界大戦末期にドイツ空軍が編成した部隊である。米第8空軍によるドイツ本土爆撃が激化する中、これを体当たり攻撃によって阻止あるいは妨害することを目的として編成された。日本ではエルベ特別攻撃隊[1]、エルベ特攻隊と呼ばれる事が多い。

1945年4月7日、アメリカ軍は1,304機の重爆撃機と792機の戦闘機が参加する大規模なドイツ本土爆撃を行った[17]。ドイツ空軍ではアルトマルクシュテンダール、ザルツヴェーデル、ガルデレーゲンの空軍基地、ザハウ、ガルデレーゲンの野戦飛行場、マクデブルク、ザクセンの飛行場など各地で部隊を出撃させて迎撃を試み、ゾンダーコマンド・エルベもこれに参加した。

特攻機の無線受信機からは、隊員を鼓舞するために『ホルスト・ヴェッセルの歌』や『ドイツ国歌』などが流され、女性の声で「空襲で焼かれた母を、子を思え!」など、連合国への報復を訴えるスローガンが繰り返し叫ばれていた。アメリカ側でもこの通信を傍受している[17][20][21]。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.